リベラルアーツ教育について

自由に、そして自分らしく
あるための学びを深めます。

人が自由な思考を手にし、学問という翼ではばたくためのリベラルアーツは、これまで大学の教養教育に取り入れられることが一般的でした。あらゆる分野を横断する知の集積。そのダイナミックな学びの世界に、姫路女学院では中学1年生から飛び込んでいきます。人生でもっとも多感な中学・高校時代にこそ、自由に思いをめぐらせ、自由に考えを深めるリベラルアーツが必要と考えるからです。

3power

  • 疑問力
    既存の価値観や常識を疑い、正しいかどうかを考察して判断する力。
  • 意思力
    多様化する価値観の中で主体的に考え、自分なりの世界観を見出す力。
  • 構成力
    知識や情報、人間関係を有機的に結びつけて道筋を構成する力。

中高一貫のリベラルアーツ教育

翼をもらって、自由な私になる。

常識の壁や決められた枠を軽々と超えていこう。
答えは一つじゃないと知ろう。
自由に、そして自分らしくあるための学びを深めます。

講師紹介

  • 演劇教育について

    別役慎司先生
    劇作家・演出家・俳優・演技講師として活動し、(社)日本グローバル演劇教育協会代表理事。
    戯曲執筆作品数約55本。著書に「誰でも人前で台本なしに10分間話せるようになる本」「働く女子の女優力」など。

    欧米で人気の「演劇教育」が日本で受けられます。演劇を通して、コミュニケーション力や創造性、表現力などのヒューマンスキルを育みます。人前で堂々と自分を出したり、お互いの個性を尊重し合い、みんなで表現したり、頭と身体をフルに使って、楽しく成長していけるプログラムです。最後には発表会で成果を披露します。

  • プログラミング教育について

    プログラミング
    吉田研一先生

    キッズプログラミングスクール8×9(ハック)大阪校代表講師として小・中学生を中心に指導。プログラミングを通じて楽しみながら自分で考えモノを創り出す子どもを育てる手腕には定評がある。

  • デジタルリテラシー
    田口潤先生

    兵庫県庁に勤務後、日経BPに入社。IT関連の取材・報道で活躍。現在はインプレスグループで編集主幹を務めITやデジタルテクノロジーに関する取材、記事執筆、講演活動を手掛けている。